仕事

【新型コロナ】アルバイトをクビになってしまった…。無職に…。

最近、アルバイトをクビになってしまいました…。

30代にして無職、ニートに…。

今の社会状況を考えると再就職は難しそうです。

新型コロナの感染拡大は雇用にどのような影響を与えるのか?

紹介していきたいと思います。

お客さんが減った…。

私は接客業をしていたのですが、2月ぐらいから急激にお客さんの数が減りました。

外国人観光客の入国制限。国内外での新型コロナ感染者数の増加により、外出する人は激減しました。

お店を開けても、お客さんが来ない日々。

ついには、土日の外出自粛要請。

殆どのお店で、売り上げが50%以下になったとのデータも。

そりゃ、人員削減するしかありません。

確かに、最近の仕事内容と言ったら一日中立ってるだけ…。

4月7日には緊急事態宣言が発令され、限られた施設以外は営業休止を要請する事態に。

安倍総理も、「人との接触をいつもの7、8割減らすように。」とか言う始末。

7、8割減らしたら仕事なんてできません。

本当にいつまで続くのか…。

クビになる予兆が…。

上司が、暇だと言い出す…。

「暇だな~。お客さん来ないかな~。」

こんな声が多く聞こえ始めたら…。

シフトが減らされる…。

週に4,5日入っていた仕事が段々減っていきました。

初めのうちは、「仕事が減ってラッキー!」ぐらいに思っていました。

それが、週3日になり。2日になり…。

最後は0に…。

勤務時間が減っていく…。

「今日はお客さんが少ないから早く上がって!」

最初は16時30分。定時が17時30分なので1時間短縮だったのが…。

15時になり、ついには12時で帰宅する日も…。

1日の売り上げが、自分の人件費以下に…。

お店の1日の売り上げが、自分の日給以下になる日も…。

逆にこちらも申し訳ない気持ちに…。

会社も大変だから…。

私がクビになったのは、新型コロナの感染拡大が原因。

会社に責任はありません。

ここまで急激に社会情勢が悪化するとは、誰も予想できないことです。

…。もしかしたら、私の勤務態度に原因があったのかも…。

海外でも失業者が…。

アメリカでは、僅か2週間で1000万人が失業したとのニュースが…。

リーマンショックが起こった2008年の失業者数が900万人。それをすでに上回ったことになります。

アメリカの金融アナリストは、米国が「史上最悪の不況」に陥るかもしれないと警告しています。

今後の雇用情勢は?

新型コロナウイルスの影響を考慮して、新入社員の内定取り消しをする企業も増えているらしいです。

有効求人倍率も1.6倍から1.45倍まで低下しています。

これからの就職活動は、かなり厳しくなるかもしれません。

まとめ

人間、働かないと生きていけない。

でも、今は働くことも、外に出ることも難しい。

ホント、次の仕事どうしよう…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-仕事

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.