パチスロ

パチスロ6号機【おすすめ機種ランキング】勝ちやすい台を紹介!


2020年、パチスロ6号機時代が到来しました。

6号機に対する反応は人それぞれだと思いますが、否定的な意見を多く耳にします。

  • 2400枚の枚数制限。
  • 低設定に夢がない。
  • 機械割が下がって、出玉率が下がってしまった。
  • あまり出ない。

個人的には6号機を打つようになってから昔より勝てるようになってきました。

5号機の時は設定をあまり意識しないでパチスロを打っていました。

5号機は低設定でも出るときは出るからです。その為、よく負けていました。

6号機は低設定はまず出ないので、嫌でも設定を意識して打つようになります。

それに6号機は設定看破しやすく、少し打てば低設定か高設定かわかります。

私が打ってみて、勝ちやすいと感じた台を紹介していきたいと思います。

第1位:SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語

個人的によく打つのが、まどか新編です。

設定看破しやすく、コイン持ちもいいので朝から打つ時はリスク回避も込みで狙い目だと思います。

高設定は300ゲームまでに大体当たる印象。

直撃ATを確認できたら粘る価値ありです。

一撃で大量出玉を狙える台ではないので、高設定でも出玉がついてこないこともあります。

私は結構まどか新編を打っていますが、エンディングを経験したことはありません…。

ちなみに朝から2以上濃厚の台を打ち続けたグラフがこれです。

殆ど横ばいで、最後で少し跳ねてくれたので1日打って+800枚ぐらいでした。

第2位:Reゼロから始める異世界生活

リゼロの1番の売りは純増8枚の超高純増ATです。

2400枚が30分程で出てしまうので、仕事帰りに打つ機種としてもオススメです。

低設定はATに入れるハードルが高い台になるので、ATに入れられないとかなりキツイです。

高設定はATに入りやすく、安定した出玉性能を誇ります。

私も4以上濃厚の台を打った事がありますが、早いゲーム数で当たりやすく、ATにも入りやすい。

一日打って2000枚、3000枚プラスになる事も何度かありました。

とりあえず、一回初当たりを引くまで打ってみる。そんな台です。

ただ、通常時はかなり退屈です…。

第3位:パチスロ化物語セカンドシーズン

導入されたばかりの、パチスロ化物語セカンドシーズン。

やはり、後から導入された台の方がゲーム性が進化していると感じました。

化物語2は天井が500Gと短めなので、初当たりまでのハードルは低い台です。

画期的なのはAT突入時が、初期枚数150枚+特化ゾーンからスタートすることです。

なので、ATに入ればある程度の出玉は約束されています。

運が良ければATに入ってすぐにカンストも狙える。夢のある台です。

第4位:聖闘士星矢海皇覚醒Special

聖闘士星矢海皇覚醒Specialは高設定なら安定して勝てる台です。

機械割は設定6でも107.1%と低めです。

この台の設定6は安定感抜群で一日打てば、ほぼ負けることはありません。

グラフは安定した右肩上がりになります。

ですが、AT出玉は毎回200枚~300枚程で終わってしまうので爆発力はありません。

低設定はATに入れるのが難しいですが、ATにさえ入れてしまえば平均1000枚ぐらいの出玉が狙えます。

高設定は安定した出玉。低設定はATに入ればエンディングを狙える仕様の台になっています。

ただ、設置台数が少ないことと、高設定を入れているお店が少ないため積極的に打てない場合が多いです。

第5位:ガールズ&パンツァーG

この台は高設定でも波がかなりある台だと思っています。

456確定してても負けてしまうことも…。

チャンスゾーンは軽いのですが、出玉がもらえないのでそこがキツイ…。

自力感がある台なので、ノッてる時のイケイケ感は面白いです。

個人的にとても好きな台なので、5位にランクインさせました!

まとめ

6号機の台もどんどん新しいものが導入されています。

ゲーム性、クオリティは文句なし。

慣れれば6号機も悪くない!

-パチスロ

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.