ソフトバンクグループの株を買ってみた!今後の株価はどうなる?

2020年3月24日現在、コロナショックの影響で日本株はかなり下がっています。

アメリカの株価も30パーセントも急落しています。

今後どこまで下がるのか予想しづらい状況です。

その中で注目しているのがソフトバンクグループ株です。

ソフトバンクグループ株が買いだと思う理由を説明していきます。

ソフトバンクG株が売られすぎている。

2020年3月24日現在の株価が、

3791円です。

2019年に高値6045円を付けてから約38%下落しています。

安値の時は2609円。ピークの半分以下です。

なんで下がったのか?

  • 2月に発表した連結決算の営業利益が129億円の赤字。(前年同期は1兆8590億円の黒字)
  • ソフトバンクGが出資する企業の資金繰りの悪化。
  • 格付け会社がソフトバンクGの格付けを引き下げた。
  • 新型コロナウイルスの影響。
  • ソフトバンクGが保有するアリババの株価下落。

なぜ買いなのか?

  • 最大4兆5000億円の資産売却や資金化を発表。
  • 株価指標面で割安。
  • 格付け会社がソフトバンクGの格付けを引き上げた。
  • ソフトバンクの5G戦略に期待。
  • ヤフーとLINEを傘下に。
  • 自社株買いに5000億円。

ソフトバンクG株を買ってみた!

3月23日にソフトバンクG株を買ってみました。

株価2773円で100株を購入。

結果は、

最高のタイミングで購入できました。

株価が急騰した理由は、自己株取得と負債軽減のために最大4.5兆円の保有資産売却・資金化を決定したことが市場に好感されたからです。

正直、ここまでの対策を孫正義さんがするとは思っていませんでした。

運が良かっただけかもしれません。

ですが、ここからまた急落する可能性は低いと思います。

4.5兆円の保有資産売却で投資家の不安はなくなり、逆に買いだと判断する投資家が増えているからです。。

これから自社株買いも入り、それに一般の投資家も続いて買いを入れる。

そこに新型コロナウイルスの収束もあれば、5000円台に回復も見えてくるのではと考えています。

まとめ

コロナショックの影響で16000円台まで下がった日経平均株価。

3月25日現在、19000円台まで回復してきました。

このまま20000円を超えてくるのか、それともまた下がるのか。

慎重に見守っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.