パチスロ

パチスロ【化物語セカンドシーズン】の設定4以上のグラフはこれだ!


3月16日に導入された【化物語セカンドシーズン】

早速打ってきました!

設定4以上濃厚の金トロフィーが出たので挙動を紹介します!

設定4以上の挙動は⁈

7460ゲーム回して約-1000枚でした…。

かなり、厳しかったです…。

たまに200ゲーム台で当たることもありましたが、殆どは天井の500ゲーム…。

高設定だからなのか、ATにはよく入りました。

獲得枚数は大体300枚から500枚ぐらいでした。

ゲーム性は⁈

通常時

5号機の化物語に比べて、CZの【結末ノ儀】が難しくなっている気がしました。

200ゲーム、500ゲーム天井の時だけ当たる感じで、自力感はあんまりない感じでした。

レア役も出現確率が重めで、引いても確定役じゃないとまず当たらない…。

傾物語

チャンスATの傾物語。

小当たり中にレア役などで勝率アップ抽選をして、キスショットバトルでAT突入ジャッチ!

リゼロの白鯨討伐戦が1回になった感じ!

AT「倖時間SS」

ATは5号機の化物語よりも断然面白い!

AT突入時に必ず「倍倍チャンス」からスタートするので、最低でも300枚ぐらいは取れます。

5号機の化物語は結構150枚の最低保証で終わる事が多かったので、初期枚数が多いのは嬉しいです!

隣の人はATスタート時点で1300枚スタートとかだったので、ATにさえ入れられれば大量出玉に期待できます。

AT中の演出もパワーアップしていて面白い!

獲得予定枚数が1500枚を超えると上位ATの「あとがたり」に突入します。

1セット100枚で60%ループ!

AT中のゲーム性が変わるのも【化物語セカンドシーズン】魅力!

まとめ

6号機の時代になって、打ちたいと思う台が減っている気がします。

出玉規制の問題で、パチスロのゲーム性が変わってしまったのが原因なのか…。

でも、台のクオリティは確実に上がっているし、どんどん進化してきてるように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-パチスロ

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.