生活

【緊急事態宣言】大阪の街に与えた影響は⁈休業のお店が増えて…。

4月7日に緊急事態宣言が出されて一日目。

対象都市のひとつとなった大阪。

緊急事態宣言が大阪の街に与えた影響は⁈

人々の生活はこれからどうなるのか⁈

紹介したいと思います。

繁華街でも人影まばら…。

4月8日、お昼ごろの大阪ミナミ、千日前商店街の様子です。

いつもは人で混雑しているこの通りも、人影は少ないです。

こんなに人がいないのは私も経験がありません。

台風の時でさえ、もっと人がいたと記憶しています。

緊急事態宣言の影響力は想像以上です。

本当に異常な状況なんだと、少し怖くなりました…。

お店も殆ど休み…。

商店街のお店も殆ど休み…。

デパートも。百貨店も。カラオケも。映画館も。

これでは、どこにも行けない…。

何もできない。

人が少ないのも納得です…。

出かけても、出来ることが無いので…。

大阪の観光スポット「なんばグランド花月」も、

お休み…。

いつもは、マスコットキャラクターやスタッフの人がいるんですが…。

寂しいし、不安になる光景です。

こんな時こそ、笑いの力が必要なのに…。

パチンコ屋さんも…。

こんな時は気分転換がしたくなります。

パチンコ、パチスロは気分転換、ストレス発散にはもってこいの娯楽です。

最近は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、パチンコ店への風当たりも厳しくなってきていました。

そして、ついに…

個人的には、一番衝撃的な光景です。

パチンコ、パチスロには罪は無いのに…。

憎い、コロナが憎い。

緊急事態宣言は5月6日まで続くとのこと。

えっ、一か月パチスロ打てないの…。

絶望です…。

まとめ

これ以上、新型コロナウイルスを広めない為には緊急事態宣言は必要不可欠。

それは、理解しているつもりなのですが…。

やっぱり、これだけのお店が休みになってしまうのは寂しいですし、とても不便です。

新型コロナウイルス。

ここまで生活に影響を与えることになるとは…。

一刻も早く、終息してくれるのを祈るのみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-生活

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.