生活

朝早く目が覚めた時どうする?二度寝する?起きる?原因は?

朝早く目が覚めた時、皆さんはどう過ごしていますか?仕事までは時間があるけど、目が覚めてもう眠れなそう。そんな時の過ごし方、目が覚める原因を紹介していきます。

朝早く目が覚めた時の過ごし方

二度寝する

二度寝ができそうな場合は二度寝しましょう。二度寝をすると幸せな気分になる。そんな体験をしたことはありませんか?それには、ちゃんとした理由があります。抗ストレスホルモンのコルチゾール、心身の緊張を和らげるエンドルフィンがたくさん分泌されてストレス軽減の効果があるらしいです。つまり二度寝にはリラックス効果があります。

シャワーを浴びる

とりあえずシャワー浴びて、頭と体をスッキリさせるのもいいかもしれないです。血行が良くなり、その日の疲労感を和らげる効果があります。シャワー後に眠くなってきたら、時間まで寝るのもありです。その際、髪は必ず乾かしてから寝ましょう。寝癖がつきます。

ニュースを見る

普段、朝は忙しくてゆっくりニュースをて見る時間がない。そんな人は、じっくり朝のニュースを見てみるのもいいかもしれません。いつもは聞き逃していた情報が頭に入り、政治や経済について考えるいいきっかけになるかもしれません。

頻繁に早く目が覚める場合は?

もし頻繁に目が覚めてしまう場合は睡眠障害かもしれません。加齢、ストレス、生活習慣、うつ病などの原因が考えられます。気になる場合は病院で検査してもらいましょう。

加齢

加齢が原因の場合は、そこまで心配しないでいいかもしれません。おじいちゃんやおばあちゃんに朝早い人が多いのは、高齢だからです。自然の老化現象で早期覚醒、中途覚醒しやすくなります。

ただし、精神的に落ち込む。トイレでよく起きる。昼間の眠気がきつい。このような早期覚醒以外の症状が現れたら、一度医療機関で診断してもらいましょう。

ストレス

ストレスが原因で睡眠障害になる場合もあります。日常的にストレスを受けると睡眠の質が低下して寝付きづらい、朝早く目が覚めるなどの症状がでることもあります。

生活習慣

アルコールをよく飲む人や、極端に運動不足の人も睡眠の質が悪くなりがちです。ある程度の疲労は眠りの質を高めるのに重要です。

うつ病

うつ病の症状で睡眠障害は典型的な例です。精神伝達物質のバランスに異常が出て睡眠障害の症状が現れます。

まとめ

たまに早く目が覚めてしまうぐらいは問題ありませんが、頻繁に目が覚めてしまう場合は自分の体調に異常がないか確認が必要です。おかしいと思ったら病院で診断してもらいましょう。

 

 

-生活

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.