生活

【新型コロナ】緊急事態宣言から一週間。大阪の街の様子は⁈

4月7日の緊急事態宣言から1週間が経ちました。

休業を余儀なくされたお店が多い中、大阪の街はどう変わったの。

紹介したいと思います。

繁華街の様子は⁈

夕方17時頃の商店街の様子です。

人が全然いません…。

多くのお店が休みなので、当たり前かもしれませんが…。

お店に電気がついてないので、商店街の中は薄暗く活気はありませんでした。

開いてるお店もありましたが、お客さんは殆どいません。

普段は人通りが多く、賑やかな商店街なのですが、この変わりようにはかなり衝撃を受けました。

緊急事態宣言は、大阪に住む人たちの生活を一変させてしまいました。

多くの人が仕事を無くしたり、所得の減少、様々な不利益を被っています。

緊急事態宣言解除まで、あと3週間。

新型コロナウイルスの影響は、今後どうなっていくのか。

不安な3週間になりそうです。

休業のドラックストアも多い…。

大阪の街を歩いていると、休業しているドラッグストアをよく目にしました。

人員が不足して営業できないのか、それ以外の原因があるのか。

コンビニのレジでは、ビニールシートをつるして飛沫感染を防ぐ対策が取られています。

釣銭を渡すときも、手渡しはせずにトレイを使用して渡すようにしているそうです。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどは、緊急事態宣言が出ても通常営業しているお店がほとんどです。

その中で、従業員さんの負担が大きくなっています。

全国スーパーマーケット協会によると、

「多くの店で人手不足が起きている。従業員は懸命に働いているので、入荷予定を何度も聞くようなことはしないように協力してほしい」と言っています。

できる限り、協力していきましょう。

マスクは相変わらず…。

4、5件のドラックストアをのぞいてみましたが、マスクは売っていませんでした。

いったい、どこで売っているんでしょうか…。

国内メーカーそろって増産し、大手家電メーカーまで生産に参入しているのに…。

閉店するお店も…。

街を歩いていると、閉店してしまったお店を見かけることも…。

特に、飲食店が多かった気がします。

行きつけのお店も何件かなくなってました…。

まとめ

とどまることを知らない、新型コロナの影響。

気軽に街も歩けない今の世の中を、誰が予想できたでしょうか。

いつになったら、私達は今までの生活を取り戻せるのか。

不安な日が続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-生活

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.