時計

【腕時計の種類】クオーツ時計ってなに?

クオーツ時計は電池で動く時計のことです。私は初めてクオーツと聞いたとき何か特殊な機能がついている時計なのかと思いました。ですが呼び方が違うだけで電池で動く時計ことをクオーツ時計と言うのです。これから詳しく説明していきたいと思います。

クオーツ時計とは

水晶振動子を用いた時計。それがクオーツ時計。日本語では水晶時計です。なんか難しそうですね…。水晶は占い師が使う透明で丸い球、あれです。なんで水晶が時計に使われるかというと「水晶に交流電流をかけると一定の周期で規則的に振動する」この性質を応用して時計にしているんです。使われている水晶実態はとても小さいもので、あとは振動を電気信号に変える電子回路、電気信号がスッテプモーターという部品で回転運動に変えられて歯車を通じて時計の針を動かす。その動力源が電池。つまり電池式の時計はクオーツ時計になります。

(中には例外もあります。)

特徴

高精度であること

安価なクオーツ時計でも1か月の遅れ進みが30秒から15秒以内。これは高価な機械式の時計よりも遥かに正確なものです。

値段が安い

工場で大量生産されていいるため値段が安いです。1000円ぐらいから買えるものもあります。

電池交換が必要

多くのクオーツ時計は一時電池を使用しているので、定期的に電池交換が必要になります。

(ソーラーは別)

気を付ける事

家電製品に近づけない

どういう事かというと、強い磁気を発する物に近づけると時間が狂ってしまいます。、クオーツ時計には磁石の性質を使ったモーターが内部に取り付けられています。そのため磁気の影響を受けやすくなっているのです。特にスマートフォン、PCの近くには置かないようにしましょう。

電池が切れた状態で長い間放置しない

電池が切れた状態で長い期間放置しておくと、中の電池から漏液し内部の機械が壊れてしまう事があります。できれば使う予定がなくても止まったら電池交換しましょう。

オーバーホール

オーバーホールとは日本語で分解掃除のことです。クオーツ時計は電池交換だけすればいいと思うかもしれませんが、長く使うには定期的にオーバーホールが必要になります。クオーツ時計も歯車で針を動かしているのは機械式時計と同じです。歯車には潤滑油がさしてあります。その油が長期間経過すると劣化し歯車の動きが悪くなります。そうなると電池が早く切れたり、遅れや止まりの原因になります。オーバーホールする目安は購入から5年~7年と言われています。費用は5000円~20000円ぐらいになります。

(メーカーによって違う)

まとめ

クオーツ時計は水晶振動子を使った電池で動く時計。高精度で価格が安く、定期的に電池交換が必要。

 

-時計

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.