映画

【映画】イエスマン¨YESは人生のパスワードのネタバレ!結末!感想!

最近イエスマンを観ました。面白かったので、感想とストーリー、結末を書いていきます。

あらすじ

主人公のカール(ジム・キャリー)は銀行員。仕事でもプライベートでも答えはいつもNO。友人の電話に出ない、誘いを断る。職場の個人融資の査定も断る。三年前の離婚を引きずり親友ピーターの婚約発表も素直に喜べない。そんな時、知人のニックから怪しげなセミナーの冊子を渡される。そのセミナーに参加してカールの人生は大きく変わっていくことになる。

すべてにイエスと答える

セミナーを終えて外に出ると、ホームレスに車に乗せてほしと頼まれるカール。いつもなら断るところだが、そばにニックがいたためつい「イエス」と答えてしまう。

カールは車中でホームレスの要求すべてに「イエス」と答えることに…。携帯電話、持ち金をすべて渡してしまう。ホームレスを降ろしたあとガス欠になり、街のガソリンスタンドまでポリタンクを持って歩いていくはめに。イエスマンになったことに後悔し始めた矢先、ガソリンスタンドでスクーターに乗る若い女性と出会う。置いてきた車のところまでスクーターで送ってもらい、話の流れでキスをしてもらう。イエスマンも悪くないと思い始めるカール。

一度隣人からの頼みに「ノー」と答えてしまい、不幸な目に遭う。この出来事からカールは「”ノー„と断ると災いが起きる」と告げたセミナー講師、テレンスの言葉をお思いだし以後常に「イエス」と答えるようになる。

その後は「イエス」と答えるたびに良いことが起こる。休日出勤に「イエス」で答えると昇進して給料があがり、ライブの誘いに「イエス」と答えてスクーターの女性アリソンと再会し良い仲に。

「イエス」だけだと支障が…

アリソンとアドリブ旅行に行くことになったカール。旅を楽しんで帰ろうと空港に行くカールとアリソン。だが、今までイエスマンとしてとったカールの行動のせいで不審者として警察に捕まってしまう。

弁護士の友人ピーターのおかげで容疑は晴れたが、アリソンには「イエス」しか言わないことに不信感を持たれ、別れを告げられる。

すべての事に「イエス」はダメ!

その後、カールは元妻ステファニーに電話で呼び出され悩みを聞いてるうちに泊まっていかないかと誘われる。その誘いを断るカール。すると、エレベーターが止まったり車が駐禁に捕まったり散々な目に遭ってしまう。

カールはセミナー講師テレンスに「イエスの契約を解除して欲しい!」と頼みに行くが、二人は交通事故に遭い病院へ運ばれます。そこでテレンスから「イエス運動は本心からイエスを言うきっかけに過ぎない」その本質を聞かされ自分の本当の気持ちに気づくことになります。

本当にしたい事にはイエス。

本当に嫌な事にはノー。

そのことを理解し、判断できるようになったカール。病院からそのままアリソンに会いに行き、自分の本当の気持ちを伝えます。

すぐに同棲はできないが、一緒にいたい。

そのカールの告白にアリソンは納得し、二人は熱いキスを交わします。

その後のカールとアリソンは?

エンドロールでのカールとアリソンはボランティア活動に参加したり、ローラースケートにチャレンジしたり積極的に人生を楽しんでいるようでした。

そこには、物語始めのネガティブで消極的なカールの姿はありませんでした。

感想

【映画】イエスマン¨YESは人生のパスワードはコメディーでありながら、自分の人生を見つめ直す良いきっかけになるような素晴らしい作品。

 

 

 

-映画

Copyright© とるこ1986 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.